髭脱毛の注意点

髭脱毛の際、痛みについては注意が必要です。鼻の下は髭が密集しており、神経にも近い為、一番痛みを感じやすく、また口の下・顎の部分も同様に痛みを感じやすい部位となります。痛みを感じやすく、赤みが出やすい等不安に感じる方は、カウンセリングの際に相談することをお勧めします。もちろん施術前にはテスト照射も行われますのでその際に希望を伝えることもできますが、最近では痛みを感じない機器も開発されていますので、事前にチェックしてみるとよいでしょう。

レーザー脱毛は、毛根の毛の元となる部分に特殊なレーザーを照射して熱で破壊、ダメージを与えることによって新しい毛の育成を抑えるという仕組みです。初回の髭脱毛後は、髭が剃りにくい場合がありますので、お勤めの方はお休み前にされることをお勧めします。また、髭脱毛は必ずしも均一に薄くなっていくとは限りません。まばらに薄くなることがありますので、そこは認識しておく必要があります。

レーザー脱毛でつるつるの肌にまで脱毛する場合は一年から二年が目安と言われています。ただし、少し薄くしたいという希望であれば一年かからず希望の薄さまで脱毛することも可能です。自分の希望や予算にそってプランについて相談するとよいでしょう。

医療脱毛とエステ脱毛

医療クリニック、脱毛エステサロン等脱毛を扱っている所は沢山ありますが、「医療脱毛」とは、医療クリニックで行われる脱毛を指します。本来脱毛は医療行為とされていますので、医療ライセンスを持った有資格者がいる医療クリニックでしか照射パワーの高いレーザー脱毛機器を扱うことはできません。エステ脱毛で使われる脱毛機器は照射出力が弱い為、医療脱毛よりも脱毛効果は低く、その分回数を重ねる必要が出てきます。

髭は体毛の中でも一番生命力が強く、しぶとく生えてくる毛ですので、脱毛するのに時間のかかる箇所と言われています。何回も通うことを思えば、一度の照射で高い効果の出やすい医療脱毛がお勧めですが、照射パワーが強いうえに髭という比較的濃い毛にレーザーをあてると、反応も強いくなるため、非常に強い痛みを感じてしまう可能性があります。痛みに強い方は大丈夫かもしれませんが、弱い方には照射出力が多少弱くても、肌への負担や痛みの少ない脱毛エステサロンをお勧めします。

髭脱毛では、顔全体の脱毛ももちろんですが、自分の好みに合わせて部分的にデザイン脱毛することも可能です。男性の印象は、少しの剃り残しでもかっこいい髭が格好悪く見えてしまうことがあります。部分脱毛をすることによって、毎日細かく髭を整える時間がいらなくなり、メンテナンス不要でかっこいいスタイルのまま楽にキープすることができますし、また、肌が弱い為に皮膚が赤くなったりして、お気に入りの髭の形に毎日するのが大変という方にも特にお勧めです。

髭脱毛が人気の理由

男性にとって、毎日の髭の手入れは大変面倒な作業です。また、青髭・濃い髭、多い髭等、髭に悩まされている男性は少なくありません。あるいは、肌が弱く、髭剃り負けする為に日々肌荒れに悩んでいたり、朝剃っても昼には既に生えていたりと髭ストレスを抱える男性の悩みは尽きません。そんな中、性別問わず美意識が高まっている現代において「髭脱毛」が流行っているのをご存知でしょうか。男性用メンズエステも一般的に認知されつつある昨今、脱毛も例外ではなく、男性でも施術される方がますます急増しています。

男性の見た目は髭で大きく変わり、仕事にも影響してしまう場合がありますので、毎日の手入れを欠かすことはできません。しかしながら、髭脱毛をすることによって、髭の濃い方や広範囲に生える方、無精髭を生やしている方等、印象が大きく変わって清潔感のある顔になったり、こだわりのデザイン髭にしている方はその形をずっと保つことができたりと、毎日のムダ毛処理ストレスから開放され、朝の時間に余裕が生まれます。また、髭を剃ると顔の皮膚表面の角質も一緒に剃り落としてしまう為、毎日表面に傷をつけることになり、ニキビ等雑菌による皮膚トラブルも起こしやすいのですが、そんなお肌の弱い方も、シェービングによる肌への負担もなくなり、綺麗な肌を保つことができます。

では、髭脱毛について、その種類や特徴、脱毛前に知っておくべきポイントや注意点などご紹介します。